不正アクセスで患者情報等3,671件が流出、二次被害の懸念も

不正アクセスで患者情報等3,671件が流出、二次被害の懸念も

東京都保健医療公社多摩北部医療センターは2019520

所属医師のPC端末が何者かの不正アクセスを受け、メールアカウントが乗っ取られたと明らかにした。

男性医師は患者や医療関係者ら3,671件の情報も有しており

この情報が攻撃者の手に渡った可能性があるとのこと。患者情報には

氏名や生年月日の他に、病歴などセンシティブ情報も含まれている

ことから、流出の影響が危ぶまれてる。

また、攻撃者アカウントを乗っ取り、医師になりすまして、官公庁

など政府機関にメールを発信。メールにはマルウェアが添付されており

二次被害を狙ったものと見られている。

不正アクセスにより、情報流出しただけでなく、政府機関への攻撃 の踏み台に使われた可能性があります。 知らないうちに自社のパソコンが乗っ取られ、他社へ攻撃をしてい たという事例は数多くあります。サイバー犯罪の加害者になる前に万全なセキュリティ対策を行い、サイバー被害を未然に防ぎましょう。

出典 :サイバーセキュリティ.com

https://cybersecurity-jp.com/news/31378

harabn-security

コメントを残す